「分解される」プラスチック、本当に環境に優しい?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「分解される」プラスチック、本当に環境に優しい?

「酸化型生分解性プラスチック」を使ったレジ袋を製造している英国の企業は、このプラスチックが自然界で「植物の葉のように、しかしそれより速く」分解されると話す。この技術は現在、アフリカや中東地域に広がっているという。

しかし、もし酸化型生分解性プラスチックがそれほど環境に良いものなら、なぜ欧州委員会が禁止する可能性があるのだろうか?