10年間の植物状態から回復し父親に 南ア男性が半生語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

10年間の植物状態から回復し父親に 南ア男性が半生語る

南アフリカ出身のマーティン・ピストリウスさんは10年以上「閉じ込め症候群」となり、コミュニケーションが一切取れなくなった。

マーティンさんは見ることも聞くこともできたが、誰も彼に意識があるとは分からなかった。

そして今、マーティンさんは父親になろうとしている。