米政権幹部が「自分は抵抗の一員」と米紙に トランプ氏「匿名など根性なし」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米政権幹部が「自分は抵抗の一員」と米紙に トランプ氏「匿名など根性なし」

米紙ニューヨーク・タイムズは5日、トランプ米政権幹部が自分は政権内にいながら大統領に対する「抵抗の一員だ」と書いた論説を、匿名で掲載した。同紙は、筆者が誰か承知しているという。

「私はトランプ政権内の抵抗の一員だ」と題された寄稿でこの筆者は、「私は大統領のために働いているが、同じ考えの同僚たちと共に、大統領の政策目標の一部や、特にひどい性向を阻止すると誓っている」と書いた。

ホワイトハウスで全米各地から集まった保安官との会合に出席したトランプ氏は、論説について記者団に質問され、「匿名の論説など根性なしだ」と罵倒。またニューヨーク・タイムズなど自分を批判する報道機関は「うまくいっていない」し、自分が退任するころには「書くことがなくなり」「破産しているだろう」と述べた。