ブレグジット政局、何があったのか 閣僚辞任で英首相に圧力
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブレグジット政局、何があったのか 閣僚辞任で英首相に圧力

英国の欧州連合離脱(ブレグジット)に関する英政府と欧州連合(EU)との合意案をめぐり15日、メイ内閣では当のブレグジット担当相を筆頭に閣僚の辞任が相次いだ。

テリーザ・メイ首相に対する不信任案が可決されるのではないかとの憶測が強まるなか、首相自身は合意案を貫徹し首相官邸に留まると、断固たる姿勢を示している。

英国の将来について混迷が深まるなか、レイラ・ナスー政治担当編集委員が現状と今後の展望を説明する。