消えたハスキー犬、1年半ぶりに家族と再会 約1800キロ移動
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

消えたハスキー犬、約1800キロ先で発見 1年半ぶりに家族と再会

2017年5月にニューヨーク・ブルックリンの自宅からいなくなり行方不明になっていたハスキー犬の「シナトラ」が今月、1800キロ以上離れたフロリダ州タンパで発見され、ソーシャルメディアを駆使した飼い主探しの末、26日に家族と再会した。

「シナトラ」は飼い主家族にとって特別な意味をもつ犬なだけに、再会の喜びはひとしおだった。