サッカーチームが試合中止のため選手の死を偽装 本人は「面白かった」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

サッカーチームが試合中止のため選手の死を偽装 本人は「面白かった」

アイルランド・ダブリンのサッカーチーム、バリーブラックFCが、試合を中止にするため選手の死を偽装した。死んだことにされたフェルナンド・ラフエンテ選手は、「ちょっと面白かった」と心境を語った。

スペイン国籍のラフエンテ選手が、自動車事故で死亡したと、バリーブラックFCは所属するレンスター・シニア・リーグに伝えた。しかし同選手はアイルランド西部ゴルウェイで元気に生きていた。

チームは後に謝罪した。一方、リーグは調査を開始した。