先進国が出したゴミを可能性に変える、アフリカの発明家たち
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

先進国が出したゴミを可能性に変える、アフリカの発明家たち

アフリカ大陸西部の国、トーゴの首都ロメ。この町の通りに電子部品のごみが散乱していたのは、そう昔の話ではない。

西アフリカの小国は、西側諸国が廃棄した電気製品のごみ捨て場になっていた。

しかし今、ロメのあちこちに発明家たちが現れ、ごみを低コストのコンピューターやプリンター、ロボットに変えている。