ブレグジット採決延期で揺れる英下院 野党議員が問題行動
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブレグジット採決延期で揺れる英下院 野党議員が問題行動

テリーザ・メイ英首相は10日、11日に行われる予定だった欧州連合(EU)離脱協定をめぐる下院採決を先送りした。

採決延期が発表された下院本会議では、野党・労働党のロイド・ラッセル=モイル議員が女王の権威を示す職杖(メイス)を議場から持ち出そうとしたため、ジョン・バーコウ議長に退出を言い渡された。職杖はラッセル=モイル議員を制止した議会職員が、元の位置に戻した。