「ガンジーは人種差別主義者」と像を撤去 ガーナ大学生の主張
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「ガンジーは人種差別主義者」と像を撤去 ガーナ大学生の主張

インド独立運動の指導者として有名なマハトマ・ガンジーの像が、西アフリカ・ガーナの首都アクラにあるガーナ大学の敷地内から撤去された。撤去されたのは11日とみられる。

学生の1人は現地メディアのジョイ・ニュースに対し、「マハトマ・ガンジーの像が敷地内から撤去されたのは、彼が人種差別主義者だからだ。ガンジーはアフリカ人の敵だったのだから、像の設置はその人種差別的な考えを支持するようなものだ」 と話した。