「本当はそんなことしちゃ」 野党の女性議員たちがトランプ氏に拍手
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「本当はそんなことしちゃ」 野党の女性議員たちがトランプ氏の発言に拍手

ドナルド・トランプ米大統領は5日夜、予定より1週間遅れて連邦議会で恒例の一般教書演説を行った。

「連合の状態」を議会に報告する演説の中で、女性議員の数が史上最多になったと大統領が称えると、満場が立ち上がり拍手した。

なかでも、大統領に批判的な目線を送りながら着席を続けていた野党・民主党の女性議員たちが、次々に立ち上がり、大きな歓声を上げた。

壇上のナンシー・ペロシ下院議長(民主党)をはじめ女性議員の多くはこの日、女性参政権運動を象徴する白い服を着ていた。