レバノンで結婚式の準備 聴覚障害のカップルと仲間たち
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

レバノンで結婚式の準備 聴覚障害のカップルと仲間たち

レバノンに住むハビブさんとキャロルさんは、結婚式の準備に余念がなかった。2人をはじめ、披露宴用のダンスを習っている先生も、ドレスや指輪のデザイナーも、聴覚障害者だ。

2人は手話で会話し、愛をはぐくんできた。それでも、子供ができたら耳が聞こえた方がいいと話す。

レバノンで聴覚障害者が暮らすには、大変なことがとても多いのだとハビブさんは言う。

BBCアラビア語のジョエリー・ナイエム記者が取材した。