僧侶でメイクアップアーティストでゲイ、ある日本人男性の信仰
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

僧侶でメイクアップアーティストでゲイ、ある日本人男性の信仰

西村宏堂さんは日本のメイクアップアーティストだが、もう一つの顔がある。西村さんは、仏教の僧侶でもある。

西村さんは、仏教はゲイとしての自分を受け入れてくれていると話す。西村さんのインスタグラムには、宗教のせいで家族から同性愛者であることを認めてもらえないという相談メッセージが送られてくる。しかし西村さんにとって、仏教は平等であること、自分自身でいることを教えてくれたという。

日本では、僧侶は他の仕事を持つことができる。西村さんはアメリカでメイクアップアーティストの訓練を受けた。寺院の外の生活があることで、日本の仏教は現代でも生き続けることができていると話す。

BBCワールドサービスのインスタグラムでは3月、「#FaithFashion」と題して世界のさまざまな信仰のあり方を特集しています。

撮影:熊倉次郎、プロデューサー:ソフィア・スミス=ゲイラー