クリスマス前に路上で置き去りのブルテリア、新しい飼い主に可愛がられ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

クリスマス前に路上で置き去りのブルテリア、新しい飼い主に可愛がられ

昨年12月17日午後に英中部ストーク・オン・トレントの路上に置き去りにされたブルテリア犬が、英王立動物虐待防止協会(RSPCA)を通じて、新しい飼い主と暮らし始めた。

クリスマスの1週間前に捨てられた犬が、自分を捨てた男性の車を追いかける動画には、多くの反響があった。

RSPCAによると、現場に留まっていた犬を近隣の人が保護しRSPCAに託した。RSPCAは犬に「スヌープ」とあだ名をつけ、新しい飼い主を探した。RSPCAは引き続き、置き去りにした人物について情報提供を呼びかけている。