メイ英首相、声を枯らして 下院の判断は「非常に残念」と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

メイ英首相、下院判断は「非常に残念」と がらがらになった声で

イギリスの下院(定数650)は12日夜(日本時間13日未明)、イギリスの欧州連合(EU)離脱について英政府がEUとまとめた離脱条件の協定の承認採決を行い、391対242の大差でこれを否決した。1月に続く2度目の否決で、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の行方はさらに不透明となった。

自分がEUとまとめた協定をまたしても大差で否決され、テリーザ・メイ英首相はがらがらになった声で、下院の判断は「非常に残念だ」と述べた。

今回の協定否決を受けて首相は、EUとの合意のないまま3月29日に離脱することの是非を13日に下院採決にかけると発表した。イギリスの将来にとって重要な内容だという理由で、与党・保守党の議員には党議拘束をしないという異例の方針も示した。