ロシア疑惑の捜査報告書への反応、食い違うトランプ氏と民主党
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロシア疑惑の捜査報告書への反応、食い違うトランプ氏と民主党

2016年米大統領選におけるロシア介入とトランプ陣営による結託の疑惑、ドナルド・トランプ大統領による司法妨害の疑惑などを調べていたロバート・ムラー特別検察官の捜査報告書について、ウィリアム・バー司法長官は24日、トランプ氏やトランプ陣営がロシアと共謀した証拠はないと連邦議会に報告した。

司法妨害については判断を示していない。民主党は、ムラー報告書の全文提出を求めている。

トランプ大統領は、バー長官の書簡に対して、「結託はない。妨害はない。完全で全面的な無罪断定だ。アメリカをこのまま偉大に!」とツイートした。

一方で、下院司法委員会のジェリー・ナドラー委員長(民主党)は、トランプ大統領による司法妨害の可能性を司法長官が排除したわけではないと強調し、バー長官の司法委証言を求める方針を示した。