タリバンと平和は築けるのか? BBC記者がアフガニスタンで取材
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

タリバンと平和は築けるのか? BBC記者がアフガニスタンで取材

アフガニスタン政府と反政府勢力タリバンの和平交渉の準備が進められている。

昨年モスクワで開かれた歴史的な会談の後、両勢力はカタールで今月再び会う予定だ。

タリバンはアメリカとの交渉も進めている。一連の動きは、過去40年にわたって次々と起こる戦争に耐えてきたアフガニスタン国民に、平和の希望をもたらしている。

南西部ヘルマンド州はタリバンが最も勢力を伸ばしており、7~8割がその支配下にある。イギリス軍はここで8年間戦い、今なおアメリカ軍が駐留している。

BBCのリズ・ドゥセット主任国際特派員がアフガニスタン政府が治める州都ラシュカルガを訪れ、現地の状況を取材した。

撮影:デイヴィッド・ブル、プロデューサー:トニー・ブラウン