スリランカの教会爆破、実行犯か 男が教会に入る映像
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

スリランカの教会爆破、実行犯か 男が教会に入る映像

スリランカの教会やホテルなど計8カ所で21日に起きた連続爆破攻撃事件で、同国政府は23日、「イスラム国(IS)」が事件に関わったとの見方を示した。ISも同日、犯行声明を出した。この事件でこれまでに確認された死者は321人に上り、負傷者は500人を超えている。

実行犯の1人とみられる男の防犯カメラ映像が、新たに浮上した。

無音の映像では、大きいバックパックを背負った男が、現場となったネゴンボの聖セバスチャン教会に入る様子が映っている。

映像が途切れて間もなく、教会内で爆発があり、少なくとも100人が死亡した。