クーデター未遂か「解放運動」か、ヴェネズエラで緊張高まる
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

クーデター未遂か「解放運動」か、ヴェネズエラで緊張高まる

政治的混乱が続くヴェネズエラで4月30日、野党代表のフアン・グアイド国民会議議長は、ニコラス・マドゥロ大統領を辞任に追い込む「最後の段階」に入ったと発表した。

ヴェネズエラ政府は「小規模のクーデター未遂」があったと発表しているが、反体制側は「解放運動」だと述べ、軍の一部もこれに同調したとみられている。

グアイド国民会議議長は1月に暫定大統領就任を宣言し、政権交代を訴えている。