12歳でISに誘拐され奴隷に……脱出したイラク女性の思い
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

12歳でISに誘拐され奴隷に……脱出したイラク女性の思い

イラクは過去40年の間に3回の大規模な戦争、暴力的な政権変更、2度の外国からの侵攻、長年の爆撃、2度の大規模な反乱、いわゆる「イスラム国」(IS)による攻撃、宗派対立による内戦を、次々と経験してきた。

しかし、国内の精神医療体制となると、人口30万人あたり1人の精神科医と1つの精神病院しかない。

イラクの少数派ヤジディ教徒のマリヤムさんは2014年、12歳のときに母親と共に北部の村からISに拉致された。ISの囚人として暮らす中、母親と引き離され、発話障害になった。

4年後に脱出したマリヤムさんは、今の様子をBBCに話してくれた。