アメリカとイランの関係悪化 何がどうなったのか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アメリカとイランの関係悪化 何がどうなったのか

イランの核合意をめぐりアメリカとの対立が悪化するなか、ドナルド・トランプ米大統領は19日、もしアメリカと戦争になれば「イランは正式に終わりだ」とツイートした。

「もしイランが戦いたいなら、それでイランは正式に終わりだ。二度と合衆国を脅すな!」とトランプ氏はツイッターで書いた。

なぜ事態はここまで悪化したのか。BBCのポール・アダムズ記者が解説する。