「レイプで妊娠し子供を産んだ」 米アラバマ州の女性、中絶禁止法に抗議
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「レイプで妊娠し子供を産んだ」 米アラバマ州の女性、中絶禁止法に抗議

米アラバマ州に住むディナ・ザーロットさんは17歳の時にレイプされた。

その後妊娠が発覚したが、すでに中絶できる時期を過ぎており、レイプ犯の子供を産んだ。

アラバマ州では15日、レイプや近親相姦による妊娠でも中絶は認めない、全米で最も厳しい人工妊娠中絶禁止法が成立した。

ザーロットさんは、この法律は女性を「産む機械」としか見ていないと批判している。