有権者9億人 世界最大のインド総選挙、23日開票
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

有権者9億人 世界最大のインド総選挙、23日開票

「世界最大の民主国家」と呼ばれるインドで23日、下院総選挙(定数545)の投票結果が開票される。有権者9億人が4月11日から5月19日まで選挙区ごとに7回に分けて投票した今回の選挙は、世界史上最大の規模といわれる。

現職のナレンドラ・モディ首相は、ヒンドゥー国家主義を掲げるインド人民党(BJP)を軸にした連合を率いて、前回の2014年選挙で歴史的大勝を実現した。

モディ氏は熱烈な支持を集める一方で、国内に宗教対立を権力掌握に利用しているとも批判される。

モディ政権が続投するか、最大野党・国民会議派が返り咲くのか、注目されている。