米ボーイングCEO、「遺族に謝罪します」 737マックス墜落事故後初の取材で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米ボーイングCEO、「遺族に謝罪します」 737マックス墜落事故後初の取材で

米ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)兼会長は、同社の737マックス8型機が5カ月の間に2度も墜落事故を起したことを受け、「長期にわたって安全面で努力していく」と述べた。

事故後初めてとなる米CBSニュースのインタビューで、マレンバーグ氏は遺族に謝罪した。

737マックス8型機をめぐっては、昨年10月にライオン航空機がインドネシア沖に墜落して189人が犠牲になったほか、今年3月に東アフリカ・エチオピアでエチオピア航空が墜落し、乗客乗員157人全員が死亡した。