手を変え品を変え……ロシアの反政府アート
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

手を変え品を変え……ロシアの反政府アート

人権侵害や汚職、論争になっている新法といった問題について政府に抗議するため、ロシアでは長い間アートが使われてきた。

しかし状況は変わってきている。ロシア当局はここ数年、抗議アートを含むあらゆる形の反政府運動に不寛容になっている。

その結果、過去数年で多くのアーティストが訴追され、その後ロシアから去ってしまった。

規制が厳しくなるほど、公道での活動や抗議はますますクリエーティブになっている。

動画制作:マリア・コルニエンコ、スニティ・シン