議会は「仕事をしなさい」 9/11救急担当の救済で人気コメディアン
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

議会は「仕事をしなさい」 9/11救急担当の医療費救済で人気コメディアン

2001年9月11日の米同時多発テロ(9/11)の現場に急行した消防士や救命士の多くが、吸いこんだ粉塵などの影響で深刻な慢性病を患っているが、医療費を支援する連邦基金が資金切れの危機に直面している。

救急担当たちの支援活動を長年続けてきた人気コメディアンのジョン・スチュワートさんは11日、連邦議会下院で公聴会に出席し、空席の目立つ司法委員会を「恥ずべきことだ」となじった。

翌12日、司法委は延長法案を可決し、本会議に送った。