フルーツ入り氷の「涼」にほっと一息 猛暑のローマで動物たち
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

フルーツ入り氷の「涼」にほっと一息 猛暑のローマで動物たち

記録的猛暑に見舞われているヨーロッパで、動物たちがひとときの「涼」を得ている。

気温38度に達したイタリアのローマ動物園では、キンキンに冷えたフルーツ入りの氷が、くまやハナグマ、キツネザルに振る舞われた。

北アフリカから押し寄せた熱波により、ドイツやポーランド、チェコで26日、最高気温が38度を超えるなど、各地で6月の観測史上最高を記録した。

猛暑は今後数日の間続く見込みで、スペイン北部の一部では、28日にも45度に達する可能性があるという。