日本の「ハイヒール文化」との闘い、性差別に「気づいて」 発起人女性の願い
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

日本の「ハイヒール文化」との闘い、性差別に「気づいて」 発起人女性の願い

女優の石川優実さんは、仕事場で女性にハイヒールを強いる服装規定をなくすことを呼びかける#KuToo(クーツー)運動の発起人となった。きっかけは、今年1月のツイートだ。

職場の服装規定により、高さ5センチから7センチのハイヒールを履くよう命じられ、8時間におよぶ立ち仕事で小指から出血したという。

この経験を投稿すると、瞬く間に日本中の働く女性の共感を呼び、3万以上のオンライン署名が集った。

石川さんは、世の中には性差別が沢山あるということに、まず「気づく」ことが、問題解決への第一歩だと話す。

世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数2018年版によると、男女間格差ランキングで、日本はG20加盟国の中で最も順位が低い国の1つ。