トランプ氏、「悪の伝染」と闘う5つの政策 銃乱射受け
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏、「悪の伝染」と闘う5つの政策 銃乱射受け

ドナルド・トランプ米大統領は5日、テキサス州とオハイオ州で相次いで起きた銃乱射事件を受け、憎悪(ヘイト)や白人至上主義を非難する演説を行った。

演説の中で大統領は「引き金を引くのは銃そのものではなく、精神疾患と憎悪だ」と述べ、精神疾患を持つ人への銃規制や、大量殺人を行った犯罪者への死刑の適用、銃規制をめぐる党派を超えた協力などを求めた。