白昼でナイフ振り回す男、通行人が椅子で取り押さえ 若い女性殺害の後か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

白昼でナイフ振り回す男、通行人が椅子で取り押さえ 若い女性殺害の後か

豪シドニー中心部で13日午後2時ごろ、路上で男がナイフを振り回し女性(41)を1人刺した後、通行人3人に椅子などで取り押さえられ逮捕された事件に関連し、シドニー警察は14日、この直前に近くのビルで刺されて死亡したと思われる女性の身元を、ミカエラ・ダンさん(24)と発表した。

調べによると、ダンさんはセックスワーカーで、首を切りつけられて倒れているのをマンションの一室で発見された。午後3時に死亡が確認された。防犯カメラ映像などから、男が「予約」のため午前1時半ごろに建物に入り、その20分後に建物を出たと思われるという。

その約10分後に近くの路上で撮影されたビデオでは、男がナイフを手にタクシーに飛び乗ったり、「アッラーフ・アクバル」や「俺を撃て」などと叫んで路上を走った後、椅子や牛乳瓶のケースなどを使って通行人に取り押さえられる様子が映っている。

男は路上で、通行人の41歳女性の背中を刺した疑い。病院に運ばれた女性の容体は安定しているという。

豪メディアはこの男を、マート・ネイ容疑者と伝えている。

(英語記事 Michaela Dunn: Sydney stabbing victim, 24, identified