元中国籍の男性、新宿区議目指す 歓楽街で働く人の「地位向上のため」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

元中国籍の男性、新宿区議目指す 歓楽街で働く人の「地位向上のため」

東京の歓楽街、新宿歌舞伎町で「案内人」をしていた元中国籍の男性が、新宿区議選への3度目の立候補を目指している。

中国・湖南省で生まれた李小牧氏は、1988年に初来日。ラブホテルでの清掃員を経て、「歌舞伎町案内人」となった。

2015年に日本国籍を取得して以降、同年と2019年の新宿区議に立候補したが、いずれも落選した。

型破りな経歴に加え、移民受け入れの割合が低い日本での政界入りには、困難が待ち受けている。