香港抗議で警察が初めて実弾発砲の瞬間 デモ開始以来初めて
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

香港抗議で警察が初めて実弾発砲の瞬間 デモ開始以来初めて

香港で25日、政府に抗議する市民を前に警察が発砲した。6月に抗議が始まって以来、警察が実弾を撃つのは初めて。

さらにこの日、警察は初めて放水砲を使用した。

デモ隊はこれに先駆けて警察に、レンガや火炎瓶などを投げつけていた。

警察は地元メディアに対し、発砲は警告目的だと説明。さらに、複数の警官がけがで病院に運ばれたと話した。

一方で警察幹部は、どこへ向かって発砲したのかは言明しなかった。