「音が嫌い」 ミソフォニアと生きる人の日常
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「音が嫌い」 ミソフォニアと生きる人の日常

黒板をつめで引っかく音にぞっとする人は多いだろう。

しかしプラギャ・バギャットさんには、日常生活の音で極端に不安になったり、怒りを感じる「ミソフォニア」という症状がある。

バギャットさんは子どもの頃、トリガー(きっかけ)となる音を聞くと泣き叫んだり、壁に頭を打ち付けてしまったと話した。

また食事や会話の音がトリガーになるため、両親とは一緒に食事をすることができず、テキストメッセージをつかってコミュニケーションを取っているという。