議席にだらりと……保守党の院内総務に「きちんと座りなさい」と批判
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

議席にだらりと……保守党の院内総務に「きちんと座りなさい」と批判

保守党のジェイコブ・リース=モグ院内総務は3日夜、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の審議中に議席にだらしなく座ったことを非難された。

緑の党のキャロライン・ルーカス議員は、「議会と国民をあまりにも馬鹿にしている」と批判した。

リース=モグ院内総務は、ブレグジットをめぐる議事進行の主導権を政府から議員側に移すため野党と保守党造反議員たちが提出した動議について、野党側の主張を聞きながらこの姿勢をとっていた。