貨物船が米沖で転覆、35時間後に4人救出 「船体叩く音」頼りに
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

貨物船が米沖で転覆、35時間後に4人救出 「船体叩く音」頼りに

米ジョージア州沖で8日、韓国の現代自動車の新車約4000台を載せた貨物船「ゴールデン・レイ」が転覆した。

米沿岸警備隊は事故直後、乗組員24人のうち20人を救出したが、火災が発生したため救出活動を中止した。

船内には韓国人乗組員4人が取り残された。

沿岸警備隊は9日、船体を叩く音を確認し、救出活動を再開。音を頼りに船体に穴をあけ、乗組員に食料や飲料を渡した。

その後、4人は約35時間ぶりに船内から救出された。