ルクセンブルク首相「ブレグジットは英国発の問題」 ジョンソン首相欠席の記者会見で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ルクセンブルク首相「ブレグジットは英国発の問題」 ジョンソン首相欠席の記者会見で

ルクセンブルクのグザビエ・ベッテル首相は16日、イギリスの欧州連合(EU)離脱について、10月31日の期限までに協定を結ぶためには「言葉だけでなく行動」が必要だとイギリス側を批判した。

この日はボリス・ジョンソン英首相との共同記者会見が予定されていたが、反EU離脱派のデモの声が大きく、ジョンソン氏は急きょ、記者会見を欠席。

ベッテル首相は隣の空席を指しながら、現在のブレグジットの状況はイギリス発の問題であり、早急に解決してほしいと訴えた。