トランプ氏、ウクライナとの通話記録「見てもらいたい」と記者団に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏、ウクライナとの通話記録「見てもらいたい」と記者団に

国連総会に出席したドナルド・トランプ米大統領は24日、政敵のジョー・バイデン前副大統領と息子への捜査をウクライナ大統領に求めるため、ウクライナへの軍事援助を停止したという疑惑について、「自分はやっていない」と記者団の質問に答えた。

トランプ氏はこれに先立ち、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領を相手にバイデン氏について話し合ったことは認めたものの、アメリカへの欧州の協力を確保しようとしただけだと説明していた。

この記者会見の後、野党・民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、トランプ氏に対する正式な弾劾調査を開始すると発表した。