バイデン親子の件、「捜査の必要なし」 ウクライナの前検事総長
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

バイデン親子の件、「捜査の必要なし」 ウクライナの前検事総長

ウクライナのユーリ・ルツェンコ前検事総長は、ジョー・バイデン前副大統領の息子でウクライナのエネルギー企業ブリスマの幹部だったハンター氏について、同国の検察当局の捜査管轄ではないと話した。

BBCのジョナ・フィッシャー・キエフ特派員の取材でルツェンコ氏はまた、ドナルド・トランプ米大統領の顧問弁護士、ルディー・ジュリアーニ氏と会談したことも明らかにした。

バイデン親子は、トランプ大統領とウクライナの関係をめぐる疑惑に巻き込まれている。

トランプ大統領は、来年の大統領選で戦うことになる可能性のあるバイデン氏と息子について、ウクライナ大統領に捜査を要求したことが明らかになっている。