「たった1人の座り込み」から「国連演説」に至るまで……16歳の環境活動家の歩み
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「たった1人の座り込み」から「国連演説」に至るまで……16歳の環境活動家の歩み

昨年、たった1人で気候変動対策への抗議を始めたスウェーデンの環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)は、わずか1年余りで、国連で各国首脳に直接行動を促すまでになった。

トゥーンベリさんが一躍、影響力を持つ活動家になるまでの軌跡をまとめた。