豪山火事から救出のコアラ、病院が安楽死させ 症状改善せず
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

豪山火事から救出のコアラ、病院で安楽死 状態改善せず

(注意:この動画にはつらく感じるかもしれない内容が含まれます)

オーストラリア東海岸の山火事でコアラの主要な生息地が破壊され、これまでにコアラ数百頭が死亡したとみられる。

ニューサウスウェールズ州ロングフラットに近い燃える森の中から、通りがかった女性がコアラを救出する映像が広まり、14歳になるこの雄コアラ「ルイ」はポート・マッコーリーのコアラ病院で手当を受けていた。

しかし病院は26日、コアラのひどいやけどが回復せず症状が改善しないことから、安楽死という決断を余儀なくされたと発表した。「動物の福祉を最優先させる」という観点からの決断だったという。