弾劾可決の瞬間、「歓声はダメ」 ペロシ下院議長がにらんで制止
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

弾劾可決の瞬間、「歓声はダメ」 ペロシ下院議長がにらんで制止

米下院本会議で18日、ナンンシー・ペロシ下院議長が小槌をたたき、ドナルド・トランプ大統領の弾劾決議が可決された。

最初に権力乱用の弾劾条項を230対197で可決すると、民主党議員が手を叩くなど歓声を上げ始めた。

しかし、これまで弾劾手続きを厳粛な態度で進めてきたペロシ氏は、すぐに議員をにらみつけ制止した。