性被害者が明かす「沈黙を破った理由」、ワインスティーン被告の刑事裁判を前に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

性被害者が明かす「沈黙を破った理由」、ワインスティーン被告の刑事裁判を前に

ジャスミン・ローブ氏は、性的嫌がらせや加害行動の被害経験について沈黙を破り、発言した「サイレンスブレイカー(沈黙を破った人たち)」の1人だ。

ローブ氏ら十数人の女性は2017年、米ハリウッドの映画プロデューサー、ハーヴィー・ワインスティーン被告による性的暴行被害を公にした。

ワインスティーン被告の刑事裁判を目前に控える中、ローブ氏はBBCのニック・ブライアント記者に対し、性暴力を受けながら生き延びた「サバイバー」にとって、有罪判決が何を意味するのか語った。

ワインスティーン被告は、2013年に女性をホテルの一室で強姦した疑いや、2006年に自分のアパート内で別の女性を性的暴行した疑いがもたれている。同被告は合意の伴わない性行為は一切なかったとして無罪を主張している。