殺害されたソレイマニ司令官の遺体、イランに帰国 黒衣の大群衆が迎える
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

殺害されたソレイマニ司令官の遺体、イランに帰国 黒衣の大群衆が迎える

イラク・バグダッドで米軍の空爆によって死亡したイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官(62)の遺体が5日早朝、イランに帰還した。

イラン国旗に包まれた棺が南西部アフワズの空港に到着する前から、市内には数万人が喪服姿で集まり、胸を叩きながら「アメリカに死を」と繰り返した。

国営イラン・イスラム共和国放送は、アフワズ市内に集まった黒衣の大群衆の様子を放送した。

ソレイマニ司令官の葬列はイランの聖都マシュハドやコムを巡った後、首都テヘランで最高指導者ハメネイ師が最後の祈りを捧げる。遺体は7日に、故郷のイラン中部ケルマンに埋葬されるという。