野党指導者が国民議会議長に再選、議場から締め出しも ヴェネズエラ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

野党指導者が国民議会議長に再選、議場から締め出しも ヴェネズエラ

南米ヴェネズエラの野党指導者フアン・グアイド氏が7日、国民議会議長への再任を宣言した。

グアイド氏は当初、議場への入場を警備員に止められており、その間に与党・統一社会党(PSUV)のルイス・パラ氏が国民議会議長への就任を宣言した。

その後、グアイド氏は支持者と共に入場。議場への送電が切られていたため、暗闇の中で国歌を歌い、就任の宣誓式を行った。

ヴェネズエラでは、2018年のニコラス・マドゥロ大統領再選を立法府が違法だと宣言し、グアイド氏が2019年1月に暫定大統領就任を宣言して以降、与野党の対立が続いている。

グアイド氏の暫定大統領就任は、アメリカをはじめ約50カ国が承認している。一方、マドゥロ氏はこれを認めず、政権を譲っていない。