下半身まひの男性、フルマラソンで世界新 「外骨格スーツ」で33時間
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

下半身まひの男性、フルマラソンで世界新 「外骨格スーツ」で33時間

交通事故でへそから下にまひが残る、アメリカ人のアダム・ゴリツキーさんは11日、米サウスカロライナ州チャールストンで開催されたフルマラソンに出場した。

「外骨格スーツ」を着用したゴリツキーさんは、他のランナーのスタート時刻の36時間前から、徒歩でレースを開始。

33時間16分28秒でゴールし、世界記録を塗り替えた。