メガン妃の父親、「2人は英王室を安っぽくしている」 テレビ取材で批判
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

メガン妃の父親、「2人は英王室を安っぽくしている」 テレビ取材で批判

イギリス王室のサセックス公爵夫人メガン妃の父親トーマス・マークル氏が、ハリー王子とメガン妃が公務を退くことについて、「王室を安っぽくしている」と批判した。

メガン妃は結婚以来、マークル氏と絶縁状態にある。マークル氏はアラスカTV/チャンネル5の取材に応じ、「お金のために公務から退こうとしている」、「2人が何をしたいのか分からない」などと述べた。