わずか6日で病院を建設 新型ウイルス猛威ふるう中国・武漢
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

わずか6日で病院を建設 新型ウイルス猛威ふるう中国・武漢

新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大する中、被害が最も深刻な中国・湖北省武漢市では、新しい病院の建設が進んでいる。

市内の医療機関はパンク状態になっていることから、新型ウイルス感染者の治療を目的とした病院を、わずか6日間で完成させる計画だという。

1棟は2月1日に、もう1棟は2月5日の完成を目指している。