旧ソ連の廃墟ホテルに住む難民たち ジョージア
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

旧ソ連の廃墟ホテルに住む難民たち ジョージア

ジョージアのツカルトゥーボは旧ソビエト連邦時代、温泉街として栄え、20軒以上のホテルが建てられた。

その多くはソ連崩壊後に廃墟となったが、ジョージア政府は数百万ドルをかけて、この町の観光化を図る計画だ。

しかし一方で、荒廃したサナトリウムには現在、1990年代の内戦によって家を追われた難民たちが暮らしている。

レポーター:ライハン・ドミートリー、撮影・編集:マシュー・ゴッダード