感染症の専門家、客船内の感染対策を批判 BBCが取材

神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授は18日、新型コロナウイルスの感染者が増える客船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船して見た状況についてYouTubeに投稿したビデオで報告した。岩田教授は、ウイルスがまったくない安全区域(グリーンゾーン)とウイルスがいるかもしれない区域(レッドゾーン)を、船内で明確に区別していないと指摘。「感染対策は悲惨な状態」だと批判している。

岩田教授はさらに、エボラ出血熱や重症急性呼吸器症候群(SARS)の大流行の最中に現場にいた時よりも、客船内の方が怖かったと述べた。

BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が、岩田教授に話を聞いた。

YouTubeの動画について教授は20日朝、ツイッターで「動画は削除しました」と報告したが、同日午前にはビデオ経由で東京の日本外国特派員協会で記者会見し、船内で汚染区域と非汚染区域の区分が不十分だったなど感染対策の不備を重ねて指摘した。動画削除の理由については、船内の状況が大きく改善したことで「私が投稿した動画の役割は達成された」ためだと説明した。

岩田教授の主張に対しては厚労省関係者から、船内のゾーン区分はできており、多様な組織が重層的に活動する極めて複雑な状況で現場の関係者はがんばっていると、反論する声も出ている。