人のいない北京市内を歩く 新型コロナウイルスの影響
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

人のいない北京市内を歩く 新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、中国では国民14億人の移動が制限されている。

最も厳しい封鎖措置が実施されているのは、ウイルスの発生元である湖北省だが、他の地域でも隔離期間が設けられている。また、人々はあまり外を出歩かなくなった。

休業したままの店舗があり、生活はまったく平常とは言えない。

BBCのスティーヴン・マクドネル中国特派員がマスクを着け、人のいなくなった北京の街を歩いて取材した。

撮影・編集:エド・ローレンス