ラファエロ死去から500年、システィナ礼拝堂で大掃除
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ラファエロ死去から500年、システィナ礼拝堂で大掃除

イタリア・ルネッサンスの画家ラファエロの死去から、今年は500年目に当たる。

ヴァチカンでは、ラファエロがシスティナ礼拝堂のために制作したタペストリーの展示に向け、修復の専門家が準備を進めている。

ラファエロのタペストリーは、完成当時と同じ、ライバルだったミケランジェロの天井画の真下に飾られる予定だ。